キービジュアル

Department

看護部サイトはこちら

消化器内科

消化器科は食道から胃、小腸、大腸、そして肝臓や膵臓、胆嚢を専門とする科です。昔から、急性期から慢性期の様々な疾患の診療を行っています。

治療方法はご病状にもよりますが、当院では患者様とご相談し患者様個々のご希望により治療法を選択しています。また、その他にも様々な内視鏡治療を行っています。当院における内視鏡治療についてお示しします。

上部消化管

ポリープ切除術、止血術(胃潰瘍や十二指腸の出血に対して行います)、食道静脈瘤結紮術、ステント留置術(癌による狭窄に対して行います)、拡張術(癌による狭窄または手術後の狭窄に対して行います)、異物除去術(義歯など誤飲した場合に行います)、胃瘻造設術(栄養チューブを留置する方法です)、乳頭切開術また拡張術及び総胆管結石除去術(総胆管結石の治療法です)などの内視鏡治療や逆流性食道炎や機能性胃炎などの慢性疾患の診療を行っています。 

下部消化管

大腸粘膜切除術(早期大腸癌及びポリープに対して行います)、ポリープ切除術、止血術(大腸憩室による出血などに行います)、S状結腸軸捻転に対する整復術などの内視鏡治療や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の診療を行ってます。

肝 臓

ウイルス肝炎に対する抗ウイルス治療を行っています。

胆嚢・膵臓

胆石・胆嚢炎・胆嚢癌・膵炎・膵癌などは外科と連携して診療を行います。

■当院における2019年度の内視鏡検査及び治療実績

上部内視鏡検査 802件
下部内視鏡検査 581件

 消化器内科の分野では、内視鏡治療は日に日に進歩しております。しかし、このような治療はすべてのご病状の方に行えるとは限りません。特に、癌に対する治療の場合は進行の状態によって適応が違います。早い段階であれば癌は決して治らない病気ではありません。
 まずは、早期発見のため受診する事をお勧めします。

消化器内科の担当医師

    休診・代診情報

    2020.03.13 消化器内科 消化器内科の休診・代診情報です。